【カイザーサウンド】カイザーサウンド創業40周年の集大成イヤホン

  1. 出展社ニュース
  2. 908 view

カイザーサウンド創業40周年の集大成イヤホン

カイザーサウンド創業40周年の集大成として、世界最高峰のイヤホン開発に取り組みました。

カイザーサウンドは常に自然現象や道理に目を向け、当たり前の事をより深く洞察する事に注力します。
日常の中にこそ大事な真実が隠れているからです。

以下はカイザーサウンドの技術研究の軌跡です。

・音の善し悪しの法則性を示すカイザーゲージを発表。

・ローゼンクランツは高級インシュレーターの代名詞。

・モノの方向性が持つエネルギーの研究。

・色による音の違いを発表。

・オーディオルーム設計とリフォーム。

・無限にある機器の組み合わせや部屋等の相性よりも、
電気、振動、気流の三つのエネルギーに目を向けた、
オーディオ機器の開発とセッティング理論の確立。

・カーオーディオ分野への進出と共に、
JIS、UL規格に囚われないオリジナル素線の開発。

・最高級トライモード・フルレンジユニットの開発。

・和音式イコライジング技術の確立。

・ルームチューニング機能付きオーディオラックの開発。

・気圧差と気流の加減速を利用したルームチューニングの開発。

・オーディオ技術をひっさげカーチューニング部門へ進出。
車の芸術的な走りを生み出す和音式足回り技術の開発。

私の念願は世界中の音楽を完璧に鳴らし切る事!

その実現に取り組んだのがシルバーイヤホンシリーズ。
40周年記念として開発したRK-Silver/PDを核に、
Silver1、Silver/BAと三役が揃いました。

ハウジングには音楽にとって最高級素材の純銀を採用しました。
銀は数ある素材の中で伝送速度を初めあらゆる面に優れています。
その分使いこなしが難しくもあります。

そこは、百戦錬磨のローゼンクランツが見事に使いこなします。
超人的感覚を駆使した音楽情報振動の方向性管理と和音の周期は、タイミングの
正確さに初まり、四次元の感情領域まで正確に再現します。

ダイナミックレンジと音源定位のリアリティーは、
まるで眼前で演奏しているかのようです。

そのシルバーイヤホンの性能を最大限に引き出すにはそれに相応しいリケーブル
の開発も欠かせません。レインボーシリーズ、ハイエンドシリーズ、ハーモニー
シリーズ、5Toolsシリーズと幅広く揃えてあります。

この機会にイヤホンとのベストマッチングの、
世界最高峰のサウンドを是非ともご体験下さい。

ポタフェス大阪でお待ちしております。

カイザーサウンド
貝崎静雄

 

 

■出展情報

ブースNo UMD-21: カイザーサウンド有限会社 ブース

【会場マップはこちら】

関連記事