【TAGO STUDIO】究極のナチュラルサウンド「T3-01」、持ち歩く究極のナチュラルサウンド「T3-02」を出展

  1. 出展社ニュース
  2. 374 view

【T3-01】

近年、パソコンやスマートフォンなどで音楽を聴くことが主流となっている中、音楽の本当の感動を届けるためには、ヘッドホンやイヤホンが最後の砦になると言えます。音のプロフェッショナル達の、音造りに込めた思いをそのまま届けたい。一流レコーディングエンジニア、アーティストの要望や意見を集められる”TAGO STUDIO”ならではのヘッドホンを作りたい。そんな思いから、開発がスタートしました。

音のプロフェッショナルたちの現場、すなわちスタジオでの使用を想定しているため、当然ながらその要求は高くなります。レコーディングエンジニアやアーティストが作った音を忠実に再現するため、目指したのは究極のナチュラルサウンド。さらに、長時間の使用に耐える強度。使用者の負担を軽くする装着性。消耗パーツを交換可能にすることにより実現した永続性。デザインや設計、素材のひとつひとつにまでこだわり抜くことで、サウンドクリエイター達の妥協のない要求に応えました。

 

【T3-02】

2017年春、”TAGO STUDIO”ならではの”究極のナチュラルサウンド”を目指して開発・発表したヘッドホン「T3-01」は、おかげさまで多くの方に支持をいただき、とても高い評価を得ることができました。そして次に私たちが考えたのは、携行性に優れたカナル型イヤホンで「T3-01」のナチュラルサウンドを実現できないかということでした。スタジオでの使用を想定した「T3-01」に対して「T3-02」は屋外での使用を想定しています。必ずしも静かな環境とは限らず、また周囲への音漏れに配慮する必要のある屋外において、高い遮音性能を有するイヤホンであることを、特に重要な要素として私たちは考えました。設計、デザイン、チューニングの面においても、外環境に最適なサウンドを試行錯誤し、”持ち歩く、究極のナチュラルサウンド”を妥協することなく追求しました。

(https://tagostudio.shop)

 

■出展情報

ブースNo 2F-11  TAGO STUDIO TAKASAKI ブース

【会場マップはこちら】

 

関連記事